第6回:超簡単ガス代節約料理

レポート日:2012/2/15 レポート担当:熊本支店

「男子厨房に入らず」を貫いてきた私ですが、最近、某テレビ番組○○ズキッチンをよく見ている妻が「料理作れる男っていいわね~」などと言っているのを聞くようになり、ここはひとつ料理作りにチャレンジすることにしました。

まずはレシピ本の中から私でも作れそうな料理を探すことに。
ページをめくっていると“ガス代節約”の文字が・・・仕事柄、興味がわきました。
しかも私でも作れそうなので早速作ってみることに。

今回はフライパン1つで出来る超簡単な二品を作りましたので、
その様子を紹介させていただきます。

まずは、一品目「節約ゆで卵」。

水が少ないのでは?と思いつつも、レシピに書いてある通りにフライパンに1㎝くらいの水と卵を入れ、蓋をして火にかけました。

沸騰して中火で5分、火を消して3分コンロに置いたままにします。

ちゃんと出来ているのか不安のまま殻を剥いてみると、
うまく出来ていてビックリ!
(固ゆでが好みの場合は、3分以上置くといいですよ)

次に二品目「節約パスタ」を作ってみます。

パスタはたっぷりのお湯でゆでるイメージでしたが、レシピに書いている通り、フライパンに500mlの水を入れて蓋をし、沸騰させました。

続いて塩と2人前のパスタを入れ、麺がくっつかないように約1分間かき混ぜます。あとは蓋をして、火を止め、袋に書いてある茹で時間を目安にそのままコンロに置いておきます。

茹であがったパスタに好みの味をつけて出来上り。

出来上がった料理を息子と妻に食べてもらい感想を聞くと、

「ゆで卵はバッチリ」で
「パスタの方は少し硬い」とのこと。

パスタは好みにもよりますが袋に書いてある時間より
2,3分長めに待てば良いと思いました。

今回、料理をしてみて結構楽しかったので
次はもう少し手の込んだ料理に
チャレンジしたいと思います(^o^)丿

[1] 使う水を少なくすると、沸騰にかかる時間が短縮できガス代の節約になります。
予め水滴を拭いてからコンロにかけると効率がアップして省エネルギーにつながります。

[2] お湯を沸かすときに蓋をすると、熱が無駄に逃げないので早く沸きガス代の節約になります。
また、鍋底から炎がはみ出さない火加減で使いましょう。

[3] 通常パスタは8分位茹でますが、蓋を使っての保温調理だと沸騰後、1分で火を止める場合7分間分のガス代の節約になります。また吹きこぼす心配もないので目を離していても安心です。
保温調理はカレーなどの煮込み料理など、いろいろ応用できると思います。

食べ終わった後、卵の殻を細かくしてプランターに撒きました(^_^) 
殻は肥料にもなりますし、ゴミも減らせます。

野菜を皮ごと使い、ヘタや根の切り方を工夫して食材を最大限に活かすことも生ゴミ削減につながります。

熊本支店

熊本には色々な名産品があり、美味しいものがたくさんあります。お酒のつまみには、馬刺しやからし蓮根などはいかがでしょうか?

バックナンバー

ページ先頭へ