第4回:ビルトインコンロの取替え

レポート日:2011/11/22 レポート担当:佐世保北営業所

ガスコンロの取替えの様子についてご紹介します。
今回、ガラストップコンロをご購入いただいたのは、S様、お料理好きの奥さまです。

現在、お使いのコンロは6年前に二世帯住宅を建てた時に付いていたもの。新品のシステムキッチンで気持ちよく料理をしていましたが、年齢と共に徐々に不満が出てきたそうです。

 ・火力調整や温度設定などの操作面が見にくく、操作を
  間違えることがある。
 ・魚焼きグリルを良く使うが、つい焦がしてしまう。

さらに、最近ではうっかり鍋の火を消し忘れ、鍋を焦がし台なしにして
しまったということで、奥さまの不満と不安はピークに達したようでした。

そんな奥さまの不満と不安を解消できるコンロをおすすめし、ご購入いただくこととなりました。

今回、奥さまが選んだコンロの特長は、
[ 1 ] 天面操作で使いやすい、ユニバーサルデザイン
今までは、腰をかがめて操作していらっしゃいましたが、コンロの操作パネルが天面にあるので、無理のない姿勢で操作が楽になりました。また、操作パネルは大きくて分かりやすい表示になっています。

[ 2 ] 魚を自動で焼き上げる、オートグリル機能
魚焼きグリルでは、魚の形状「姿焼」「切身」「干物」を選び、「焼き加減」を選択すると、あとはグリルが自動で火加減を調整し、お好みの焼き具合で美味しく魚を焼き上げてくれます。また焼き上がると自動で消火してくれるので安心です。

[ 3 ] 安全機能が満載のガスコンロ
鍋を置かないと点火しない「鍋なし検知機能」は、鍋を持ち上げると弱火になるので調理時の鍋の移動も安心。また1分以上鍋が乗っていない状態が続くと自動で消火する自動消火機能も搭載し、消し忘れを防止します。
さらに震度4以上の揺れを感知すると自動で消火する「感震停止機能」を搭載し、万が一にも備えます。

[ 4 ] 2口コンロで使いやすい配置
これまでは、3口コンロをご使用でしたが、奥のバーナーは使うことが少ないということでしたので、今回は2口コンロを選びました。こちらのコンロはバーナーを後方に配置していますので、これまでのコンロのように鍋の取っ手部分がはみ出してしまうことがなくなりました。
また、これまでは天板の幅が60cmでしたが、75cmのコンロに取り替えましたので、広々と使うことが出来ます。

先ずは、コンロの天板を外します。
普段はなかなか目にすることが出来
ませんが、ガスコンロの中はこんな
構造になっています。

コンロを取り出すと、こんな状態です。
実は、このコンロを収める
穴(くぼみ)の寸法は、
各メーカー共通なんです。

新しいコンロをセットして、ガス栓をつなぎます。
点火確認やガス漏れが無いかなど、お客さまが安心してご使用いただけるようしっかりと点検します。

作業時間は、約2時間で完了です!!

朝10時ごろから作業を開始すると、お昼には早速、新しいコンロで昼食の準備が出来ます。

色も流し台の天板(人工大理石)とマッチして、素敵な雰囲気のキッチンになりました。

佐世保北営業所

西部ガスエネルギーで良かった!! と言って頂けるようこれからも安心・安全・快適なガスライフをご提案・ご案内させて頂きたいと思います。どんな小さな事でもかまいません。お困りごと、不満と不安 ございましたら西部ガスエネルギー佐世保支店 佐世保北営業所まで、ご一報下さい。

バックナンバー

ページ先頭へ