HOME > 新着情報 > ガス給湯器の凍結にご注意ください

新着情報

新着情報一覧にもどる

ガス給湯器の凍結にご注意ください

2018年1月9日

寒い日にはガス給湯器が凍結してしまう可能性があります。
ガス給湯器や配管等が凍結すると、給湯器が破損したり、台所やお風呂場の蛇口から湯や水が出なくなる状態になります。
そのため、各メーカーの凍結予防策をご参考としてお知らせ致します。
 
 
【リンナイ】 給湯器の凍結について 
   http://rinnai.jp/rinnai_life/topics/freeze/
 
【パロマ】 寒冷地での凍結防止
   https://www.paloma.co.jp/support/faq/category.php?cat01_id=3&cat02_id=5&cat03_id=26
 
【ノーリツ】 冬期の給湯機器の破損・故障にご注意ください
   http://www.noritz.co.jp/product/aftersupport/faq/season02.html
 

≪ガス給湯器が凍結してしまった場合≫ 

 ・ガス給湯器のコンセントは抜かず、リモコンをOFFにしてください。
 ・気温の上昇によって、自然に解凍するまでお待ちいただくことをおすすめします。
 ・給湯栓から水がでましたら、ガス給湯器本体や配管から水漏れなど異常がないことを確認のうえご使用ください。

 (注意事項)給湯配管にお湯をかけて解凍をすることは、配管やバルブの破損原因になるため、おすすめいたしません。 
 

月別アーカイブ

2018年
2018年1月
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年

過去のお知らせはコチラ


ページ先頭へ